重ね煮☆回復食にも普段の料理にもGood!

2週間で-5道場の時も2週間で-3.5自分でファスティングの時にもメニューに入っていた重ね煮についての記事です。

作り方やアレンジについてもお伝えします。

重ね煮

重ね煮って聞いたことありますか?私はファスティングする前までは聞いたことありませんでしたが、重ね煮自体は別にファスティング用語でもファスティング料理でもなんでもなく、砂糖や化学調味料を使わず塩だけで具材を重ねて煮る調理法の事です。

重ね煮は重ねていく順番があって、チョイスした食材をその順番どおりに重ねて蒸し煮していきます。

びっくりするくらい素材の濃厚な味が味わえますので、ファスティングの回復食以外でもお試しください。

スポンサーリンク

重ね煮作り方(基本)

食材を切って順番に重ねていきます。わかりやすいように図にしてみました。

参照サイト重ね煮とわらの暮らし 使用イラスト 具材いらすとや 鍋icooon-mono

なべ底に軽く塩を振ります。

用意した食材を下から順に重ねていくのですが、野菜に関しては上に向かって生える(伸びる)ものから下に、下に向かって生えるものを上に重ねていきます。

一番上にまた軽く塩を振って、蓋をして弱火で20分くらい蒸し煮にします。

食材から水分が出るので水を足す必要はないですが、水分があまり出ず焦げ付きそうな時には水を少量加えます。

鍋はアルミ製の蓋が密閉されるものが良いですが、なければフライパンでも大丈夫でした。(フタは必要)

切り方は、千切りでもスライスでもみじん切りでもダイスでも良いですが、ファスティング後の回復食に使う場合はみじん切りの方が消化が良いかも知れないです。

ファスティングの回復食としての重ね煮

(ファスティングのメニューに書いてある重ね煮はこれを使用しています。)

しいたけ(4~5枚)、たまねぎ1個、にんじん1本、ごぼう1本をみじん切りにして、そのままの順番で基本どおりに重ねて煮ます(塩も忘れずに)。少しやわらかめになるよう十分火を通したら底から返しながら全体を混ぜ合わせて出来上がりです。

私は1食分ずつ小分けにして保存しておきます。

おかゆに混ぜたり、お湯をかけてスープにしたりして食べます。お湯と味噌を加えるとすぐに味噌汁にもなります。(ダシ不要)

回復食以外でも、色んな料理に使えます。

  • 茹でたじゃがいもマッシュポテトに混ぜてコロッケ
  • トマト缶で煮込んでパスタ
  • 肉を焼く時の味付けにプラス
  • 料理のトッピングに

 

色んな組み合わせで試してみる

上の図にあるイラストを見ながら順番に重ねるだけで美味しい重ね煮ができますので、いろいろ試してみてください。

私が試したことがあるのは

  • しいたけ、たまねぎ、にんじん、ごぼう
  • えのき、かぼちゃ、たまねぎ、にんじん
  • ひじき、枝豆、白菜、ごぼう

 

冷蔵庫にあるもので簡単に重ね煮ができます。

 

保存期間

野菜だけの重ね煮なら冷蔵庫で1週間は持ちますが、すぐに使わない場合は小分けにして冷凍保存しておいても便利です。

 

スポンサーリンク
青山二三を解体してみる

コメント