黒糖生姜を作ってみた

食改善シリーズ?食について考える日々です。暇なのか?

黒糖 生姜 紅茶なるものが美味しそうでダイエットに良いのだとか。。。

確かに、生姜は体を温めると言いますし、黒糖も体に良いと聞きます。紅茶は?まぁ良いのでしょう。

 

私は最近まで紅茶もノンカフェインのものを選んで飲んでいました。フレーバーティってやつです。

こんなのです。フルーティな香りが広がって砂糖を入れなくてもおいしくいただけるのです。

スポンサーリンク

一日一食について調べてみた

食について色々調べていたら「1日1食」というキーワードにたどり着きました。

それに関する本も出版されてるようです。また、1日1食のメニューで病が治っただとか。

確かに食べすぎは体に良くないですし、私も手術前には少しダイエットをしてコンディションを整えました。

1日1食にすることによって免疫力を引き出すことができるようで、その人の適正体重に戻っていくようです。太りすぎの人は痩せますし、痩せすぎの人は太るようです。

その辺りはちょっと眉唾っぽいのでどうなんだろうという感じですが、最近の私(現代人)が食べすぎだというのは間違いないです。

食べないほうが調子が良い

最近2回目のファスティングをやって、少しずつ回復食を経て通常通り(若干少なめで)食事をしているのですが、やはり体が重いというか、微妙にけだるくなる瞬間があります。朝も早朝に目覚ましなく起きるというのもなくなりました。

こう考えると食べない方が調子が良いというのは自分の体をもって感じることです。

でも、食べたい・・・

昔を思い出すと、焼き肉屋に行くとどんぶり飯3杯は食べてしまうという、体育会系男子のような食欲でしたが、それでも太らなかったのは、それ以外の時にはあまり食べてなかったんじゃないかなと思います。おやつを食べる習慣もなかったですし、お腹が空くまでは何も食べなかったし、お腹が空いてはじめて食べ物を口にしていたので、おなかの中が空っぽの状態という事が通常でした。

そう考えると、今食べたいって思うのは空腹からではないような気がします。癖かな?

1日1食のやり方

我慢に我慢を重ねて1日1食にするわけではなくて

朝 にんじんりんごジュース

昼 蕎麦

夜 和食中心の食事

生姜紅茶は好きなだけ

参考ブログ:世にも美しいガンの治し方

やっとでてきました。生姜紅茶…どこで黒糖がくっついたのか忘れてしまいましたが・・・

紅茶にどうやってしょうがを投入するのかを調べていて黒糖が出てきたんだと思います。

黒糖生姜紅茶

これが不思議なことに食欲が抑えられるんですよね…。

飲むと生姜のスパイシーな成分が舌をピリピリさせますし、黒糖の糖分でお腹が落ち着くのでしょうか。

ただ、黒糖も糖なのでとり過ぎはかえって太ってしまうと思います。

作り方は人によって色々みたいですが、私はまず、生姜を黒糖で煮ました。それを紅茶にぶち込むだけです。

 

黒糖生姜の作り方

  1. 生姜を1㍉くらいの厚さに輪切りにしたものを鍋に入れます。
  2. 生姜がかぶるくらいの黒糖(粉末)を入れます。
  3. 蓋をして弱火で煮ます。
  4. 生姜から水分が出て、黒糖が熱で溶けたら出来上がり。

 

 

実は干し(乾燥)生姜を作ってみようかなと思って100円ショップで野菜干しのネットを購入してきたのですが、黒糖で煮る方が簡単で良さそうな気がしたので、野菜干しネットは使ってません。これから干し野菜も作ってみようかなと思います。

 

 

 

生姜が本当に体を温めるのかはまだ体感していませんが、今日寒くないのは生姜のおかげなのだろうか…。温める効果についてはわかり次第お伝えします。

スポンサーリンク
青山二三を解体してみる

コメント